年を重ねた時のスキンケア

年を重ねた時のスキンケア

年齢によって変えるスキンケアの方法

あの頃とは違う方法が必要?

若い時は誰でも肌にはりがあり綺麗ですが、年齢を重ね、四十代になるとシミやシワたるみなど老化現象がどんどん進んでくるそうです。

 

知人の友人には六十代の方がいますが、一番の悩みはほうれい線たるみだそうです。

 

肌の色やシミは日焼け止めや化粧を工夫すればしのげるけれど、深いシワや頬のたるみは、容赦なくくるらしくいろんな美容器具やスキンケアを試したそうです。

 

 

運動や趣味などこなすアクティブな方で、生活での張りや楽しんで生きているということも健康的な美しさを保つ上で重要なことだと話していました。

 

さらに、化粧水をやめて今ブームの肌断食をしてみたそうです。

 

そうすると、今までのスキンケアにかけていたものが何だったのだろうというくらい、肌の調子がよくなったそうです。

 

その方によりますと、保湿力のある上質な石鹸で肌を丁寧に洗い、スキンケアクリームのみだけで、3ステップ使用していた時と同じ肌でいられるということです。

 

もちろん人それぞれ肌質や体質は違うので、一概にはいえませんが、やめていくことで肌の本来の力を取り戻すことができたようです。

 

もしかしたら、肌に要らない物も沢山あるのかもしれませんね。


ホーム RSS購読 サイトマップ